定期的なクリーニングでもとの白い歯へ

煙草を一日一箱程、大阪でオススメの歯周病治療なら多くの研修に参加している歯科医を選べば吸っていた期間があり前歯から右の何本かの歯の黄ばみが自分でとても気になっていました。煙草をやめてからは自宅で歯を白くする歯磨き粉などをいくつか試してみましたが、歯の黄ばみはなくなりませんでした。いつしか人前で笑うときも口を閉じながら笑うことが多くなっていました。しかし、歯のクリーニングに通うようになってから煙草を吸う前くらいまで歯が白くなり、口内環境も快適です。私の場合は歯のクリーニングは4ヶ月に1回程で、都合が悪ければ半年に1回くらいの間隔で実施しています。歯のクリーニングでは、デンタルフロスや歯石を取る作業、歯を特殊な機器で磨く作業などを30分くらいかけて丁寧に行ってもらえます。最初は歯石を取る作業は、歯茎が少しチクッとしましたが、今では慣れて特に不快ではありません。自宅ではできないことをしっかりやってもらえます。それにこの部分の歯茎が少し柔らかいなど、ちょっとでもおかしい部分があればすぐ指摘してもらえるため、トラブルを未然に防ぐことができて大変ありがたいです。歯のクリーニングが終わった後は毎回口の中が爽快でとても気持ちが良いです。