虫歯の治療中の出来事

私はこの前右下の奥歯が痛くなり歯医者に行きました。するとやはり虫歯でした。歯を削り、神経を取らないといけなくなりました。その治療がすごく痛く、思わず涙が出てしまうほどでした。

麻酔をしていましたが、効いているはずなのに痛みがありました。この虫歯の治療は一日では終わらず、一週間に一回毎週通いました。そして一か月ぐらい経ち、ようやく歯に被せ物をすることになりました。いわゆる銀歯という物です。その頃になるともう痛みのある治療はないので気が楽でした。

ですが、ここで事件が起きました。被せ物をしてくれるのが若い人で、どこか頼りない感じでした。被せようとしますがなかなかうまくいかず、銀歯を何度も掃除しとても時間がかかっていました。何度か失敗し、口から銀歯を取り出したその時、なんと床に落としてしまったのです。

私は唖然としました。しかしその人は焦る様子もなく普通に洗浄をし、普通に被せて終わりました。あれから何日か経っていますが、特に異常はありません。

PR|歯周病治療で人気の大阪の歯医者さん|