突然の親知らずの痛みとその治療

親知らずのことなど気にすることもなく過ごしていたある日歯周病歯科医院を大阪で探すなら突然左の奥歯のほうからズキズキと鈍い痛みがやってきて、口の中を見ても何も異常はなくそのままにしていました。

 

1週間ほどしてから再び口内チェックをしてみたら、親知らずが埋まっているであろう奥の歯茎が少し裂けているのがわかり楊枝でぐりぐりとほじってみると固いものにあたる感触が、その日を境に親知らずはどんどん成長してきて、それに伴い歯茎は徐々に裂けてきて、鈍い痛みが続き江坂で評判の歯医者に行くことにしました。

 

歯を見てもらい何かしらの処置をしてくれるのかと思いきやまだ歯が出きっていないからと帰されてしまい、数か月後に来ることに

数か月がたち再び親知らずを診てもらったところ 親知らずが 奥歯にぶつかっていて
そのままでは抜くことができないために いったん親知らずを半分にカットして残った根元の部分を抜くという結構な手術になるとのことで、さらにここではできないので大学病院の紹介状を書くのでそちらでお願いしますと言われ、紹介先の病院で無事に抜くことができました。
親知らずに振り回された1年となり とても大変な思いをしました。